税理士 世田谷区 東京 の 税理士事務所 節税・税務調査・相続のご相談なら 落合会計事務所

サイトマップ
事務所概要
ホーム

メルマガのご紹介

令和2年、類似業種比準価額の株価(2020年6月23日)

2020年6月23日

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
●落合会計事務所 オフィシャルメールマガジン
vol.472 2020年06月23日配信●
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─ このメールマガジンは、税金に関する情報をまとめて、
─ 毎週配信しています。
─ お知り合いの方にも、ご紹介いただけると幸いです。
http://www.ochiaikaikei.com/

_/_/_/ I N D E X _/_/__/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・ご挨拶……… 道ばたのあじさいがきれいです
・特集………… 自社株の贈与は6月が良いタイミングです

●ご挨拶○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。

○○さん、こんにちは。
税理士の落合孝裕です。

道ばたのあじさいがきれいです。
最近は何かと心配事がありがちですが、
あじさいを見ると心がほっとしますね。
見ごろが長いのでまだしばらく楽しめそうです。

●特集○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。

さて今回は、「令和2年、類似業種比準価額の株価」です。

国税庁より、自社株の評価に使う類似業種の
1月、2月の株価が発表されました。
オーナー会社の自社株を、
後継者が相続や贈与で引き継ぐときには、
類似業種の株価を使って税金計算をします。
https://www.nta.go.jp/law/tsutatsu/kobetsu/hyoka/r02/2006/index.htm

類似業種は113業種に区分されています。
○○さんの会社の業種について、
当てはまる類似業種の株価を選んで、
さらに配当、利益、純資産の3つの要素を、
加味して評価額を計算していきます。

類似業種の株価については、
数ヶ月遅れで国税庁から発表されますが、
上場会社の株価をもとに計算されています。
類似業種の株価の上下によって、
○ 株価の上昇 → 相続税、贈与税は高くなる
○ 株価の下落 → 相続税、贈与税は安くなる 
こういう傾向になります。

業績が良い会社では自社株の評価も高くなり、
創業オーナーの相続では税負担も多額になります。
類似業種の株価が大きく変動する時期では、
わずか1ヵ月のずれで、
相続税が大幅に変動することもあります。

なるべく不公平がないようにと、
類似業種の株価は以下の5つのうち、
一番低い株価を選ぶことができます。
相続または贈与があった月の
(1)当月の株価
(2)前月の株価
(3)前々月の株価
(4)前年平均の株価
(5)過去2年平均の株価

たとえば6月23日の相続、贈与であれば、
(1)6月の株価
(2)5月の株価
(3)4月の株価
(4)令和元年平均の株価
(5)平成30年7月~令和2年6月平均の株価
このうち一番低い株価となります。

具体的な株価は国税庁のホームページで、
2ヵ月分ごとに数ヶ月遅れで発表されます。

この類似業種の株価は、
上場会社の株価をもとに計算されます。
新型コロナウイルスの影響で、
日経平均株価は大幅に下落しましたが、
6月の株価は1月の95%まで回復しています。

日経平均株価の終値平均を計算すると、
○ 令和2年1月・・・・・23,642円
○ 令和2年2月・・・・・23,180円
令和2年3月・・・・・18,974円
令和2年4月・・・・・19,208円
○ 令和2年5月・・・・・20,543円
○ 令和2年6月・・・・・22,547円 ※
  ※ 6月18日までの終値平均

3月、4月の落ち込みが激しいですね。
1月と比べると約2割も下落してます。

これにスライドして類似業種の株価も、
3月、4月は大幅な下落が予想されます。

先ほどの(1)~(5)のとおり、
6月の相続、贈与であれば、
4月の安い株価を使うことができます。
相続は予定することはできませんから、
自社株の贈与が狙い目となります。

昨年は3月、4月の類似業種の株価は、
6月24日に発表されました。
コロナの影響で発表が遅れる可能性もありますが、
大幅に下がることはまず確実と思います。
6月中の自社株の贈与税は、
節税には絶好のタイミングになりますね。

実際に自社株を後継者に贈与する場合は、
○ 将来の相続税
○ 相続時精算課税の適用
○ 事業承継税制の適用
など事前に比較検討すべきことがあります。

現状のコロナショックの状況下では、
まずは事業の存続が第一となりますが、
将来の相続税対策としては、
6月の自社株贈与は有効な一手になります。

●編集後記○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。

日曜日は所用で名古屋に行きました。
新幹線は3~4割くらいの乗車率でした。
車内販売も始まっていましたね。

帰りは最近お気に入りの矢場とんのみそかつ弁当、
いつもの混雑はなく並ばずに買うことができました。
まだ気をつけながらの外出ですが、
皆で消費を増やしていくことが大切ですね。    

■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■
————————————————————-
落合会計事務所
税理士 落合 孝裕
所在:東京都世田谷区用賀4-5-16 TEビル2階
(平成27年9月より移転しています。)
電話:03-5716-6528

○顧問契約、単発の相談のお問い合わせは
http://www.ochiaikaikei.com/
————————————————————-

「税理士が教えるとっておきの税金情報」
発行者:落合会計事務所

過去の記事一覧

私たちスタッフにお任せください!03-5716-6528 私たちスタッフにお任せください!03-5716-6528

初回面談は無料です。メールでのご予約・お問い合わはこちら

このページのTOPへ