税理士 世田谷区 東京 の 税理士事務所 節税・税務調査・相続のご相談なら 落合会計事務所

サイトマップ
事務所概要
ホーム

メルマガのご紹介

消費税、仕入税額控除の考え方(前編)(2019年5月28日)

2019年5月28日

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
●落合会計事務所 オフィシャルメールマガジン
vol.426 2019年05月28日配信●
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─ このメールマガジンは、税金に関する情報をまとめて、
─毎週配信しています。
─お知り合いの方にも、ご紹介いただけると幸いです。
https://www.ochiaikaikei.com/

_/_/_/INDEX_/_/__/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・ご挨拶……… 昨日は暑かったですね
・特集………… 消費税増税、値引き要求されたら。。。(前編)

●ご挨拶○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。

○○さん、こんにちは。
税理士の落合孝裕です。

昨日は暑かったですね。。。
外は蒸し風呂のようでした。
今日からは少し和らぐようですが、
しばらく熱中症に注意ですね。

●特集○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。

さて、今回は「消費税、仕入税額控除の考え方(前編)」です。

消費税は10月から10%に増税になります。
あと4ヵ月あまりに迫ってきました。
そろそろ準備を始める時期ですね。

消費税の増税前のまとめ買いについては、
会社では効果がないので必要はありません。
詳しくは以前のメールマガジンのとおりです。
https://www.ochiaikaikei.com/mlmg/201811141154_1496.html

今回は営業マン向けの実践編です。
消費税の増税は経理だけの問題と考えがちですが、
実は営業マンにも大きな影響があります。

消費税率は納品の時期で変わります。
○ 9月の納品・・・・・8%
○ 10月の納品・・・10%
9月30日と10月1日で、
1日ずれるだけで消費税は2%増えます。

たとえば、
○ 納品予定・・・・・10月
○ 実際の納品・・・10月
これなら買い手の会社は、
10%の消費税で納得するでしょう。

ところが、
○ 納品予定・・・・・9月
○ 実際の納品・・・10月
何らかの理由で納品が遅れた場合、
買い手から文句が出ないでしょうか?

機械などでは金額が張りますので、
消費税の影響は大きくなります。
1,000万円の機械で考えると、
○ 9月の納品・・・・・1,080万円
○ 10月の納品・・・1,100万円
納品額で20万円も差が出ます。

買い手が下請けいじめをしないように、
「消費税転嫁対策法」が制定されています。
あからさまな値引き要求はないでしょうが、
遠回しに要求されることもあるでしょう。

「おたくの責任で納品が遅れたんでしょう。」
消費税の増税分の値引きを暗に要求されると、
「それでは、20万円分を値引きしましょう。」
圧力に負けて思わずこう言ってしまう、
○○さんの会社の営業マンではいませんか?

これは消費税の納税の仕組みがわかれば、
「納品が遅れたことはお詫びしますが、
御社は消費税で損することはありません。」
と説明して値引きしないことができます。

買い手の会社では消費税の納税時に、
20万円を差し引くことができます。
納税のときに精算ができるので、
購入と納税のトータルで損はありません。

さらに、買い手の会社から、
「8%で仕入れて10%で売るので得ですね。」
と言われた場合も説明ができます。
「御社から10%の消費税を預かりますが、
当社はその分を納税しますので、
当社が得することはありません。」

会社は売上で預かった消費税から、
仕入や経費で支払った消費税を引いて、
その差額を国に納税するだけです。
10%で預かったらその分プラスして、
8%で支払ったらその分マイナスする、
それだけのことなので損得はありません。

2%の損をするのは消費者となります。
消費者は消費税を払うだけですから、
ふところから2%分が丸々出ていきます。

さて、このように消費税の知識は、
営業マンこそ身につけるべきものです。
次回は、買い手からさらに値引き要求をされた場合、
その対策についてご説明をします。

●編 集 後 記○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。

今回のメールマガジンのテーマは、
最近おこなった企業内研修で、
質問があった内容をまとめたものです。

消費税の納税の仕組みについては、
最初は少しわかりづらいようでしたが、
最終的に皆さん理解してもらいました。
10月は売上を伸ばすチャンスかもしれません。

■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■
—————————————————————————————————————————————-
落合会計事務所
税理士落合孝裕
所在:東京都世田谷区用賀4-5-16 TEビル2階
(平成27年9月より移転しています。)
電話:03-5716-6528
○ 顧問契約、単発の相談のお問い合わせは
https://www.ochiaikaikei.com/
—————————————————————————————————————————————-

「税理士が教えるとっておきの税金情報」
発行者:落合会計事務所

過去の記事一覧

私たちスタッフにお任せください!03-5716-6528 私たちスタッフにお任せください!03-5716-6528

初回面談は無料です。メールでのご予約・お問い合わはこちら

このページのTOPへ