税理士 世田谷区 東京 の 税理士事務所 節税・税務調査・相続のご相談なら 落合会計事務所

サイトマップ
事務所概要
ホーム

メルマガのご紹介

49日目の偲ぶ会、葬式費用(2019年4月16日)

2019年4月16日

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
●落合会計事務所 オフィシャルメールマガジン
vol.421 2019年04月16日配信●
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─ このメールマガジンは、税金に関する情報をまとめて、
─毎週配信しています。
─お知り合いの方にも、ご紹介いただけると幸いです。
https://www.ochiaikaikei.com/

_/_/_/INDEX_/_/__/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・ご挨拶……… 良い気候になりました
・特集………… 「偲ぶ会」は葬式費用となるでしょうか?

●ご挨拶○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。

○○さん、こんにちは。
税理士の落合孝裕です。

昼は20度くらいで良い気候になりました。
あと花粉がなくなれば言うことなしです。
5月からはクールビズ、
しばらくすると長い夏になりますね。。。

●特集○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。

さて、今回は「49日目の偲ぶ会、葬式費用」です。

相続税の申告をするにあたって、
○ 通夜
○ 告別式
これらに関する費用の一切は、
「葬式費用」として財産から引くことができます。

具体的には、以下のものとなります。
(1)埋葬、火葬の費用
(2)納骨の費用
(3)仮葬式と本葬式、両者の費用
(4)葬式の前後に生じた出費で、
通常葬式に伴うものと認められるもの

一方で、以下は葬式費用になりません。
(1)香典返し
(2)墓地の購入費用
(3)初七日、四十九日(しじゅうくにち)の費用

通夜や告別式は亡くなった直後におこなわれます。
その後の「初七日」や「四十九日」の費用は、
葬式費用と切り離して考えるべきものなので、
財産から差し引くことはできません。

ところで、何らかの事情で、
亡くなって数週間してから、
告別式をおこなった場合はどうでしょうか?

亡くなってから49日目に行った
「偲ぶ会(しのぶかい)」の費用が、
相続税の税務調査で否認されたものの、
その後に納税者が勝った裁決があります。

<平成26年1月10日裁決>
【概要】
○ 平成21年10月・・・Aが死亡
○ 死亡直後・・・・・・・・・・・家族葬(密葬)を行う
○ 死後49日目・・・・・・・約200名参列の「偲ぶ会」を行う

【税務署の処分】
「偲ぶ会」は、四十九日法要の費用と認められるから、
葬式費用とは認められない。

【審判所の判断】
○ 遺影と遺骨を祭り、僧侶を招き、参列者の焼香を行う、
一般的な仏式の葬儀の方式によって行われていること。
○ 死後間もなく他所で告別式を行った後、参列者の便宜等
をも考慮して、地元において再度告別式を行うことは、
特異とはいえないこと。
○ よって「偲ぶ会」は、死者を葬るために行われた儀式で
あると認められ、葬式費用に該当する。
——————————————————–

この裁決によれば「偲ぶ会」のように、
死後しばらくしてからの式典についても、
実質的に告別式となっていれば、
財産から差し引くことができるということです。

ただし、葬式費用として申告する場合は、
税務署から疑問視されないように、
以下の資料を申告書に付けた方が良いでしょう。

○ その式典を行った理由
○ 式次第(式典の流れ)
○ 式典の写真
○ 参列者名簿、など

参列者名簿については、
親族だけでないことの説明のためです。
仮に親族だけの「偲ぶ会」であれば、
通常の四十九日の法会と変わらないと、
税務署から否認される可能性が高いでしょう。

「個人名まで出すのはちょっと。。。」
ということであれば、
会社関係者○○名、
△△銀行××支店○名、
自治会関係者○名、でも良いと思います。

最近は葬儀の多様化が進んでいます。
○ 家族葬
○ 偲ぶ会(お別れの会)
取り急ぎ親族のみで「家族葬」を行い、
後日「偲ぶ会」を行うケースも増えています。

今後の相続税の申告では、
今回の裁決をご参考にしてください。

●編 集 後 記○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。

日曜日に大井町のイトーヨーカドーで、
スポーツクラブ用の水着を買いました。
年末の大掃除でゴミと一緒に捨ててしまい、
そのままとなっていました。。。
猛暑に向けて体力づくりにがんばります。

■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■
—————————————————————————————————————————————-
落合会計事務所
税理士落合孝裕
所在:東京都世田谷区用賀4-5-16 TEビル2階
(平成27年9月より移転しています。)
電話:03-5716-6528
○ 顧問契約、単発の相談のお問い合わせは
https://www.ochiaikaikei.com/
—————————————————————————————————————————————-

「税理士が教えるとっておきの税金情報」
発行者:落合会計事務所

過去の記事一覧

私たちスタッフにお任せください!03-5716-6528 私たちスタッフにお任せください!03-5716-6528

初回面談は無料です。メールでのご予約・お問い合わはこちら

このページのTOPへ