税理士 世田谷区 東京 の 税理士事務所 節税・税務調査・相続のご相談なら 落合会計事務所

サイトマップ
事務所概要
ホーム

メルマガのご紹介

配偶者控除を廃止、夫婦控除の創設(2016年9月27日)

2016年9月27日

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
●落合会計事務所 オフィシャルメールマガジン
vol.298 2016年09月27日配信●
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─ このメールマガジンは、税金に関する情報をまとめて、
─毎週火曜日に配信しています。
─お知り合いの方にも、ご紹介いただけると幸いです。
http://www.ochiaikaikei.com/

_/_/_/INDEX_/_/__/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・ご挨拶………今日は30度まで気温が上がるようです
・特集…………103万円の壁が近々こわれそうです

●ご挨拶○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。

○○さん、こんにちは。
税理士の落合孝裕です。
いつもお読みいただき、ありがとうございます。

もう9月も月末に近づきました。
そう思っていたら今日は、
広い地域で30度まで気温が上がるようです。
まだ暑い日が続きますね。
秋はいつ来るのでしょうか。。。

●特集○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。

さて今回は、「配偶者控除を廃止、夫婦控除の創設」です。

来年度の2017年度税制改正では、
「配偶者控除」の廃止と「夫婦控除」の創設、
これが改正の目玉になりそうです。
現状では再来年の2018年に、
実行となる案が有力なようです。

「配偶者控除」とは、
奥さんの年収が103万円以下の場合、
ご主人の所得から38万円を控除する制度です。
(もちろん夫婦が逆でも適用できます。)

奥さんがパートに出ると、
年収が103万円を超えないように働き、
12月は出勤を調整することもあります。
いわゆる「103万円の壁」ですね。

意外に勘違いしている人が多いのですが、
奥さんの年収が103万円を1円でも超えると、
「配偶者控除」の適用はなくなりますが、
今度は「配偶者特別控除」の適用ができます。

ご主人の控除が一気にゼロになるのではなく、
段階的に少なくなります。

たとえばご主人が年収600万円なら、
○ 奥さんの年収103万円
→ご主人の「配偶者控除」・・・38万円
○ 奥さんの年収105万円
→ご主人の「配偶者特別控除」・・・36万円
少なくなるのは2万円となります。

実際に支払う税金でどれくらい違うかですが、
所得税と住民税を合計すると、
○ 奥さんの年収103万円
→ご主人の節税額・・・約7万2千円
○ 奥さんの年収105万円
→ご主人の節税額・・・約7万円
約2千円減るだけとなります。

「103万円の壁」はあるにはあるのですが、
あまり頑丈な壁ではないのです。

ただし、この「配偶者特別控除」は、
ご主人の「合計所得」が1,000万円を超えると、
適用がまったくできなくなります。

「合計所得」とは、年収から給与所得控除を引いた金額で、
年収に換算すると1230万円 ※ となります。
ご主人の年収が1230万円を1円でも超える場合、
奥さんのパート収入は103万円を少しでも超えると、
「配偶者控除」と「配偶者特別控除」の
いずれも適用ができなくなります。
※ 2017年以降は1220万円が基準

ご主人の年収が高くなると、
「103万円の壁」はかなり頑丈になりますね。

さて、パートの手取りが大きく減るものとして、
社会保険があります。
これまでは「130万円の壁」でした。

パートの年収が130万円以上となると、
ご主人の被扶養者をはずれてしまい、
自分で国民健康保険と国民年金に入る必要があります。

これは結構な金額になります。
年齢40歳以上で年収130万円なら、
国民健康保険と国民年金を合わせて、
約32万円の負担となります。
(東京都世田谷区で計算)

10月より壁が急に手前に近づいて、
「106万円の壁」となります。
社員501人以上の会社で働く人は、
以下のすべてに該当するときには、
社会保険に入る必要があります。

(1)週の所定労働時間が20時間以上
(2)雇用期間が1年以上の見込み
(3)賃金月額8万8、000円(年収106万円)以上

この影響はかなり大きいですね。
奥さん自身のパート収入の手度額が変わります。
年齢40歳以上で計算すると、
○ 年収105万円・・・手取額約104万円
○ 年収106万円・・・手取額約88万円

1万円多く稼ぐと、
手取額は16万円も減ってしまいます。
社員が500人以下の会社なら、
「106万円の壁」ではなく
これまでどおり「130万円の壁」ですから、
今後はパートで働くときは、
会社の規模は事前に確認したほうがよいですね。

さて、配偶者控除の廃止に話は戻しますが、
2018年から「夫婦合算」した年収で、
たてえば800万円、1,000万円というように、
一定の年収以下で控除が取れるように、
改正となる案が有力なようです。

こうなると「103万円の壁」は、
こわれることになりますね。
具体的な控除の金額などはまだ未定ですが、
控除が形を変えて残るなら中所得者層には、
それほど大きな影響はないように思います。

最近「夫婦控除」のニュースが多くなっていますが、
パートで働く人にとっては影響が大きいのは、
10月からの「106万円の壁」の方です。
どうも国民の目をそらせるために、
報道しているような気がしないでもないですね。

●編 集 後 記○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。

先日、大学生の長男が山形まで車の免許取得の合宿に。
無事免許が取れました。
今はオートマ車で教習をするんですね。
ホテルもなかなか快適だったようで。。。
以前より車離れが進んで教習所も人集めに大変なようです。

■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■
—————————————————————————————————————————————-
落合会計事務所
税理士 落合 孝裕
所在:東京都世田谷区用賀4-5-16 TEビル2階
(平成27年9月より移転しています。)
電話:03-5716-6528
○ 顧問契約、単発の相談のお問い合わせは
http://www.ochiaikaikei.com/
—————————————————————————————————————————————-

「税理士が教えるとっておきの税金情報」
発行者:落合会計事務所

過去の記事一覧

私たちスタッフにお任せください!03-5716-6528 私たちスタッフにお任せください!03-5716-6528

初回面談は無料です。メールでのご予約・お問い合わはこちら

このページのTOPへ