税理士 世田谷区 東京 の 税理士事務所 節税・税務調査・相続のご相談なら 落合会計事務所

サイトマップ
事務所概要
ホーム

メルマガのご紹介

青色事業専従者給与の妥当額(2015年3月3日)

2015年3月3日

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
●落合会計事務所 オフィシャルメールマガジン vol.223 2015年03月03日配信●
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─┌─────┐このメールマガジンは、税金に関する様々な情報をまとめて、
─│\___/│毎週火曜日に配信しています。
─└─────┘お知り合いの方にも、ご紹介いただけると幸いです。
http://www.ochiaikaikei.com/

_/_/_/INDEX/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・ご挨拶………………………………いよいよ確定申告がピークに。。。
・特集…………………………………奥さんの給料はいくらまで出せるでしょう?

●ご挨拶○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。

○○さん、こんにちは。
税理士の落合孝裕です。
いつもメールマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。

会計事務所は一年で一番の繁忙期となっています。
確定申告の仕事はおかげ様で毎年増える一方で、
昨年と比べて15%増の件数となっています。

インフルエンザの流行は一息ついたものの、
体調管理に十分気をつけて、
仕事に取り組んでいます。
終わって皆で美味しいお酒を飲みたいですね。

●特集○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○

さて、今回は「青色事業専従者給与の妥当額」です。

事業や不動産賃貸をおこなっている場合、
所得が高い人は奥さんへ給与を支給することがあります。
「青色事業専従者給与」といいますが、
これは税務署に届出書の提出が必要です。

税の取扱いでは、
配偶者や同居親族に支払う給料は、
原則として経費にはなりません。
届出書を提出した場合に限り経費になります。
提出期限は、その年の3月15日までです。

届出書に記載した金額を上限として、
給料や賞与を支給することができます。
あくまでも記載金額が上限ですから、
それ以下で支給するのならかまいません。
よって、記載する金額は多めにしておくとよいですね。

不動産賃貸業の場合は、もう一つ注意点があります。
「事業的規模」での賃貸をしていることが条件です。
いわゆる「5棟10室基準」です。

○ 貸家なら5棟
○ アパート、マンションなら10室、以上の規模です。

基準は「5棟」とか「10室」の数ですから、
賃料の多い少ないは関係ありません。
たとえば、都内で1棟のアパートを賃貸して、
そこそこの収入があったとしても、
室数が8室や9室の場合があります。

そんな場合なら、
地方の1ルームマンションを、
1室か2室、買い増しして、
合計で10室にするのも手ですね。
1室で2~300万円くらいの物件もあります。

さらに、奥さんが「専従」でいることも条件です。
他にパートで働いているのに、
専従者給与を支給するのはダメとなります。
ただし、他で働いている時間が短い場合は、
専従者給与を支給してもかまいません。
具体的な基準は税法では定められていませんが、
せいぜい土日程度ということでしょう。

さて、条件がすべて満たす場合は、
なるべく奥さんへの給料の額を多くしたい、
ということになります。
夫婦合計で支払う税金を一番安くするには、
夫婦の所得を同じにすることです。

ただし、社会保険料の負担を考える必要はあります。
ご主人が「サラリーマン大家さん」の場合は、
奥さんの給与を年130万円超とすると、
会社の社会保険の扶養から抜けてしまいます。

となると、奥さんが新たに、
国民健康保険に加入する必要が生じます。
奥さんの年収が130万円を少しでも超えてしまうと、
かえって損になってしまうのです。

サラリーマンではない「専業大家さん」なら、
ご主人の所得を少なくするよう、
なるべく多く奥さんに給料を支給した方が、
税金上は得ということになります。

さて、実際のところいくらまで出せるでしょうか?
税法では金額の明確な規定はありません。

ここで、国税不服審判所の裁決事例を見てみます。
一般の事業をおこなっているケースで、
奥さんに支払った専従者給与が高く、
税務署ともめたケースです。
(平成25年5月29日裁決)

----------------------------
<状況>
一般の事業(税理士業)で、妻に支払った給料の年収が、
○ 平成20年・・・11,600、000円
○ 平成21年・・・10,000、000円
○ 平成22年・・・10,000、000円

<納税者の主張>
30年以上勤務しており、
副所長として従業員を管理する立場でもあり、
事業経営に深く関与していることから、
従業員の給料とは大きく異なる。
よって、多額の給料は妥当である。

<審判所の判断>
妻の業務の内容は、他の従業員と同じである。
従業員のなかで一番給料が高い者と比較すべき。
その従業員の各年の年収に対して、
妻の年間の労働時間の比率で、
妻の各年における年収の妥当額を算定すべき。
(労働時間は、パソコンの稼働時間より推定。)

○ 平成20年・・・6,202,960円
○ 平成21年・・・6,260、760円
○ 平成22年・・・6,071、040円
これを超える年収は、必要経費とならない。
----------------------------

専従者給与の妥当額は、
このように他に従業員がいる場合は、
その者との比較になります。
もちろん、奥さんが他の従業員に比べて、
明らかに難しい仕事をしている場合は、
その難易度は給料に反映してよいでしょう。

労働時間をパソコンの稼働時間から推定する、
というのは面白い考え方ですね。
もちろん、業務のほとんどをパソコンで、
おこなう仕事が前提となります。

それでは不動産賃貸業のように、
他に従業員がいない場合は、
どう考えたらよいでしょうか?

たとえば新卒の初任給程度とするのはありでしょう。
奥さんの仕事量がそれほどでないとしても、
帳簿のとりまとめや書類の整理をしてもらえば、
ご主人は助かりますね。

税務署の調査がもし入って、
年収300万円程度で
「奥さんの給料が多いですね」
と調査官に指摘されたら、
「おたくの新人よりよほど使えますよ」
と言い返せばその後はまず追及されません。
あくまでも私の調査立会いの経験則ですが。。。

奥さんがおこなう仕事の種類が多ければ、
○ 帳簿のとりまとめ、
○ 書類の整理、
○ アパート、マンション周りのそうじ、
○ ゴミ置き場の清掃、など
簡単な業務報告書に記載しておけば、
専従者給与の額を多くする理由付けになります。

不動産賃貸業をおこなっている方は、
ぜひお考えください。

●編集後記○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o

今日はひな祭りです。
といっても、うちは息子2人なので、
特に華やかイベントもありません。

期末テストの真っ最中で、
ひとまず遅くまでは起きているので、
朝何度も声を掛けてやっと起き上がります。
思い返せばテストありなしにかかわらず、
一年中このパターンですね。。。(苦笑)

■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■
—————————————————————————————————————————————-
落合会計事務所
税理士 落合 孝裕
所在:東京都世田谷区用賀2-14-11ブリュンヒルデ4階
電話:03-5716-6528
○ 顧問契約、単発の相談のお問い合わせは
http://www.ochiaikaikei.com/
—————————————————————————————————————————————-

「税理士が教えるとっておきの税金情報」
発行者:落合会計事務所

過去の記事一覧

私たちスタッフにお任せください!03-5716-6528 私たちスタッフにお任せください!03-5716-6528

初回面談は無料です。メールでのご予約・お問い合わはこちら

このページのTOPへ