税理士 世田谷区 東京 の 税理士事務所 節税・税務調査・相続のご相談なら 落合会計事務所

サイトマップ
事務所概要
ホーム

メルマガのご紹介

平成25年分の所得税等の確定申告状況(2014年6月3日)

2014年6月3日

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
●落合会計事務所 オフィシャルメールマガジン vol.185 2014年06月03日配信●
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─┌─────┐このメールマガジンは、税金に関する様々な情報をまとめて、
─│\___/│毎週火曜日に配信しています。
─└─────┘お知り合いの方にも、ご紹介いただけると幸いです。
http://www.ochiaikaikei.com/

_/_/_/INDEX_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・ご挨拶………………………………毎日暑いですね~
・特集…………………………………今年の確定申告で世相が見えます

●ご挨拶○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。

○○さん、こんにちは。
税理士の落合孝裕です。
いつもメールマガジンをお読みいただき、ありがとうございます。

昨日も暑かったですね~
3日連続の30度超えで、ちょっとバテ気味です。
幸い暑いのは明日までのようで、
5日(木)からは東京の最高気温は24度となりそうです。
熱中症にならないよう、気をつけましょう。

●特集○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○

さて、今回は「平成25年分の所得税等の確定申告状況」です。
5月30日に国税庁より発表されました。
今年の3月15日期限の確定申告のデータです。
これを見ると最近の世相が見えてきます。

主な状況は次のとおりです。
(1)所得税の申告はほぼ横ばい
(2)土地の譲渡所得は約10%の伸び
(3)株式の譲渡所得は約3倍に
(4)贈与税の申告は約10%の伸び

順に見てみましょう。
1つ目は、所得税の申告です。
○平成25年・・・2,143万4千人(昨対△0.4%)
○平成24年・・・2,152万5千人

労働人口は、平成25年12月で6、319万人(総務省)ですので、
3人に1人が確定申告をしていることになります。
申告の人数は、昨年とほぼ変わりません。

2つ目は、土地の譲渡所得です。
○平成25年・・・48万5千人(+12.8%)
○平成24年・・・42万9千人
昨年より大幅に増えています。
土地の売買が活発になっていることがわかります。

3つ目は、株式の譲渡所得です。
○平成25年・・・109万8千人(+11.6%)
○平成24年・・・98万4千人
昨年より増えていますが、
注目すべきは、その内訳です。

上記のうち所得がある申告は、
○平成25年・・・66万1千人(+189.1%)
○平成24年・・・22万9千人
前年に比べて約3倍の申告となっています。

株価が大幅に上がったこと、
税率10%の特例が昨年で終了したこと、
この2つが大きな理由です。
皆さん、うまく売り抜けましたね(笑)
税率は今年から20%となっています。

4つ目は、贈与税の申告です。
ここ数年で大きな特徴がありますので、
少し掘り下げて見てみます。

贈与税の申告は、
○平成25年・・・49万1千人(+12.6%)
○平成24年・・・43万7千人
と、昨年より増えています。

そのうち、納税をした申告は、
○平成25年・・・33万人(+12.8%)
○平成24年・・・29万2千人
と、同様に増えています。

「納税をした」とは、控除額を超える贈与をして、
贈与税を支払ったということです。

「納税をした」申告の数は、
平成17年(27万5千人)から、
平成21年(22万9千人)まで4年間減り続け、
平成22年からは一転して、
平成25年(33万人)まで4年間増え続けています。
これは何を意味するのでしょうか?

来年から予定されている相続税の増税は、
平成23年度税制改正でほぼ同じ内容で定められており、
実は、平成23年4月よりおこなわれる予定でした。

ところが、東日本大震災により大幅に延期され、
3年9ヵ月遅れで平成27年1月からの増税となった、
という経緯があります。

平成23年からの相続税の増税について、
前年の平成22年から話題になり始めましたが、
その年から納税をした申告が増え始めたのです。

贈与税の納税は、
年110万円までは非課税となっています。
それを贈与税の納税をするとは、
110万円を超えた贈与をしたことになります。

相続税対策を考えて110万円にこだわらずに、
あえて大口の贈与をする人が増えているのです。

すでに対策を進めている人がたくさんいるということです。

このメールマガジンで何度か取り上げていますが、
相続財産が数億円の資産家の方は、
毎年110万円の贈与をしても、
焼け石に水で、節税効果はあまりありません。

たとえば、
200万円の贈与で9万円の贈与税、
300万円の贈与で19万円の贈与税、
これくらい贈与すれば2倍、3倍のスピードで、
相続税対策が進むことになります。

将来、相続税で支払う税率と比べて、
少なくなるよう贈与税を生前に支払って、
トータルで節税になるようにすべきなのです。

この贈与税申告の最近の傾向を参考にして、
○○さんも贈与を使った相続税対策を、
ぜひお考えください。

●編集後記○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o

ワールドカップの試合まで、あと2週間になりました。
2試合目の20日(金)のギリシャ戦が問題ですね。
相手ではなく朝7時からという開始時間が。。。

7時開始なら9時ころまでが試合となります。
当日の朝は仕事にならないでしょう(笑)
事務所の始業時間を遅くするか思案中です。

■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■
—————————————————————————————————————————————-
落合会計事務所
税理士落合孝裕
所在:東京都世田谷区用賀2-14-11ブリュンヒルデ4階
電話:03-5716-6528
○顧問契約、単発の相談のお問い合わせは
http://www.ochiaikaikei.com/
—————————————————————————————————————————————-

「税理士が教えるとっておきの税金情報」
発行者:落合会計事務所

過去の記事一覧

私たちスタッフにお任せください!03-5716-6528 私たちスタッフにお任せください!03-5716-6528

初回面談は無料です。メールでのご予約・お問い合わはこちら

このページのTOPへ